ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

砂糖、醤油につけこんだカツオのぶつ切りをすし飯にのせた丼。
三重県・伊勢志摩の漁師料理。

沖に出た漁師たちが漁の合間に船上で即席に作ったもの。
元は釣ったカツオを漬け汁につけて飯と一緒に手でこねながら(混ぜながら)食べていたことからこの名がある。

今では手でこねることはなく、すし飯の上にカツオのぶつ切りを並べた上に青じそ、紅しょうが、海苔をのせている形がよく見られる。


(参考図書:全国調理師養成施設協会著『総合 調理用語辞典』、農文協『うかたま』43号おいしい郷土食)

< 庶民の味方、漬け丼 >

食べ残した刺身は、わさび・しょう油・酒のタレに浸けて、翌日には漬け丼にするのが我が家の定番。

ちょっとオリーブ油をたらすとトロっとした舌触りに、さらに卵黄を加えると濃厚さが加わりグレードアップする。

だから、漬け丼の一つ「てこねずし」も、おおよそ味の見当はついていた。

※ ※ ※

本場で食べることにこそ、意味があり。
さらには、船上で海風を受けながら食べてこそ、醍醐味があるのでしょうね。
...が、そうはいかない。

伊勢神宮の参道近くに、ひと際目立つ幟旗のお店に入った。

アㇻ~、まぐろ丼と言われても不思議はないほどの色、形。
海苔までも、のっている。

でも、一口ほおばってみるとあら~、とまた驚き。
漬けだれに砂糖の甘みを感じたからだ。


馴染みのない味に一瞬ためらったものの、
二口、三口続けると、飯と絡まって、これもなかなかいいじゃあない!

手でこねなくても、せめて、飯と大きくかき混ぜて絡めて食べましょ!

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。