ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

ワカメとタケノコを炊き合わせた料理。
春の季節の出会いのもの。

◆筍の文字は竹冠に旬と書くが、これは芽が出てから旬内(10 日内)のものを示し、過ぎたものは単なる竹と呼ばれる。

◆竹は東洋の特産種で、日本、中国、インドなどの山野に自生している。種類も多いが、日本で広く食べられているのはモウソウチク。次はハチクやマダケなどである。モウソウチクは中国江南地方の原産で、中国では「江南竹」という。

(参考図書:講談社『日本料理・春の味』 河野友美編『食品大事典』ほか)

<切って茹でてもいい>


新聞紙に包まれたタケノコが送られてきた。
あぁ、春たけなわ!と感慨に浸っているのも束の間、筍は待ってはくれない。

心も騒ぐがそれ以上に体が騒ぐ。家の中で一番大きな鍋を探したら次は糠。
糠床ならあるけれど糠はない。

ス-パーに走る。お次は唐辛子、と三点整ったところで筍を鍋に放り込み、たっぷりの水を注いで火にかけた。
これでひと安心とはいかず、まだ数本転がっている。早くご近所へ配らなくっちゃ~、鮮度がモノをいう食材だもの。

**
「茹でたのならいいけど、生はね〜。大きな鍋がないのよ、ごめんなさい!」
持ち帰るタケノコの重いこと!

そんなことを友人に話したら「うちの実家では採れたてタケノコは皮をはがしてゆでるのよ。鍋に入らなければ、切ってから。糠も唐辛子も入れないで水だけで・・・」と。
拍子抜けするような答えが戻ってきた。

な〜るほど、
採れたて、とはそういうことなんだ!

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。