ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

パン粉のついていないオカラとジャガイモのコロッケ。
好みで、人参や玉ねぎのみじん切りを加える。

埼玉県、行田市で古くから愛されている庶民の食べ物。

小判型であることから「銭」、訛って「ゼリー」になったとか、
お菓子のような揚げ物という意味でゼリーの名がついた、とも言われる。

また、行田市は江戸中期頃から足袋の生産地だったことから、大切な布をかけて「布来」、繁栄を願って「富来」、さらに「フライ」になったのでは、と推測する説がある。


◆行田市にはゼリーフライの他に単に「フライ」と呼ばれているお好み焼きの様な食べ物もある。


(参考図書:『日本の伝統食を考える会』で訪ねた埼玉県の人からの聞き書、『サライ』ほか)


<ゼリーフライと言うからには...>

ゼリーをフライに?
その名を聞いて一瞬たじろいだ。

でも、次の瞬間に思い出したことがあった。
以前に流行った「アイスクリームの天ぷら」だ。

他にもあった、あった!
アイスクリームをスポンジ生地とメレンゲで覆って焼いた「ベイク ド アラスカ」という西洋版も。

だから、
ゼリーのフライがあったって不思議ではない。

そんな結びつきで臨んだ対面だったから、予想は大きく外れた。

どう見ても、衣を脱いだ丸はだかのコロッケ、といった出で立ちだ。

焦げ色のカリっとした揚げたてを口に放り込むと、
やっぱり、オカラの味がするコロッケ。

小腹が空いた時に腹の底にズシッとくる "頼れるおやつ" だ。

昔は足袋工場の女工さんたちに愛され、引き継がれ、今でも行田市内に30店ほどのフライ屋が点在しているという。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。