ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

新鮮な焼き魚と麦味噌をすり合わせた汁を麦飯にかけたぶっかけ飯。
葱やミカンの皮などの薬味を添える。
四国、瀬戸内海、九州地方などの郷土料理。

「さつま」の名は薩摩の国から伝わったという説があるが、はっきりしない。

◆漁師が釣ったばかりの魚を味噌汁にいれて飯にかけたのが始まりで、元は船上食であった。
それぞれの地域でとれる魚を使い、いろいろな呼び名がついている。

魚はタイやアジ、ブリ、コノシロ、ボラなどで、山間部ではイリコの入った「イリコざつま」、川魚がとれる地域では「アユざつま」などがある。
また、漁師部落では雑魚と焼き味噌のタレをかけただけというのもあり、季節によって豆腐やこんにゃく、キュウリを入れるところもある。

同じような料理に、刺身をタレにつけてタレごと飯にかける「ひゅうが飯」、大分地方の「あつ飯」などもあり、鯛を使うと宇和島鯛めしと呼ばれる。

また、ところ離れて神奈川県、小田原地方には醤油漬けにした刺身を麦飯にのせ、熱い湯をかける「まご茶」などもある。

(参考図書:農文協 『ふるさとの家庭料理』『愛媛の食事』、愛媛新聞『伊予の台所』
タイムライフ『世界の料理 日本編』ほか)

<島国ならではの...>

ぶっかけ飯と言うとぶっきら棒だけれど、イメージは伝わりやすい。
それがとれたての魚と聞けば、垂涎もの。

そうだ!「さつま」を作ってみよう。
とれたての魚は望むべくもないけれど、とりあえず、スーパーに出かける。
より取り見取りの魚が並んでいる中で、
そりゃあ、鯛でしょ、買うなら...と刺身用の鯛を買って来る。

いざ、まな板にのせてみると、これを焼いてしまうなんて...。
さらに摺って形を無くしてしまうなんてもったいない...。

このまま刺身として食べちゃおっと!
繰り返すこと、数回......。

これじゃあイカン!
いつまで経っても「さつま」にはたどり着けん!
ならば焼かないで刺身のままゴマ味噌ダレに漬けちゃおっ!と。
それをご飯の上にかけた。

予想通りのうまさ。

かくして「さつま」を作るはずが、刺身のままタレにつけてご飯にかける「ひゅうが飯」...になりました。

なぁに、「さつま」も「ひゅうが飯」も、はては「冷や汁」も...み~んな同じ線上にある地つづき料理なんだから。

こんなわけで、手軽に作れると思っていた「さつま」はなかなかたどり着けない遠い存在のまま...。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。