ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

日常の食べ物、治療のための食事療法。
今では本来の意味からはずれて、健康や美容のために減量する意味に用いられることが多い。

(参考図書:『広辞苑』、河野友美編『食品大事典』ほか)
.
<⚪︎×式ダイエット>

毎日のように新聞に折り込まれてくるダイエット広告は否が応でも目にとび込んでくる。使用前に比べるとまるで別人のようになった姿は、どんなウンチクよりも説得力がある。

誇大広告にきまつていると思いつつ → ダメ元だと思って試してみようかな → 1回だけなら...。
とか何とか理屈をつけながら、やさしい方程式を解くようにツラツラ誘われていく。実は難解な方程式なのに。

終いには「やせる」という文字が「や・ら・せ」にも見えてくる。
そんな折、テレビの「 ためしてガッテン・総集編 」で最も減量効果が高かったのが「 毎日の体重を記録 」することであった。

モノやカネに頼らなくても鉛筆一本で記録を継続するだけで改善していくと言うのだ。
そこに生まれていく気持ちの裏付けこそが効果をあげていくのだろう。

この単純な方法に目が釘付けになったものの、はて、さて、これもなかなか難しそう。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。