ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

ナマコの卵巣のこと。また、これを干したものもいう。
◆三味線のバチのように三角形に広げて干したものは炙って酒の肴や和え物などに用いられる。
◆古事記ではナマコを単にコ(海鼠)と表記しており、なま物だからナマコ、卵巣はコノコ(海鼠の子)、内臓はコノワタ(海鼠の腸)と呼ぶ。
ナマコは昼は岩かげに隠れ、夜になると動き回るのが鼠の習性に似ていることから海鼠という字が当てられた。また、栄養豊富で朝鮮人参にも匹敵することから海参とも書く。
.
<さすが、不老長寿?>
上海のデパ地下で買ったイリコ(干しナマコ)、たった一個。すぐにでも調理にかかりたいような、かと言って気安くは使いたくないような......。大切に引き出しの奥にしまっておこうものなら死蔵品になること間違いなし。そんなわけで、目に付きやすいキッチンのハッチの隅に置いておくことにした。
でも、なかなか手をつけにくい。戻すのに時間がかかるとか、もったいないとか、何とかかんとか理由をつけながら、もう、数年放っている。有難さも日に日に遠のいて行く。
このナマコ、つゆ時にはブヨブヨして肥満になる。触るとグニュグニュ、指で左右に動かすと、まるで生きているかのように体を委ねてくる。
どうやら室内の湿気をいってに引き受けているようだ。冬の乾燥時期には硬く引き締まって投げればコロコロと転がるほどになり、全身に薄く潮を吹かせている。
今では我が家の湿度計がわり。目にとまった人は「なあに、これ?」と必ず尋ねてくる。ブヨブヨのからだに触れようものなら奇声を発して手を引っ込める始末。
そんなこんなで、今さら調理をする気にもなれず、我が家の怪しげな不老長寿の置物になっている。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。