ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

食べ物を調理すること。

割は「包丁で材料を切る」、烹は「火を用いて材料を処理すること」の意で中国で始まった言葉。
そこから食べ物の調理全般を指すようになり、ひいては日本料理を意味するようになった。

◆日本料理を提供する店を割烹料理店といい、調理をする時に着る衣服も割烹着と呼ばれた。

( 参考図書:河野友美編『食品大事典』、広辞苑ほか )


< 割烹着という仕事着 >

白い割烹着をつけて家事をする人なぞ、ついぞ見かけなくなり、女性の自立と社会進出とともに脱ぎ捨てられた。

代わってカラフルなエプロンに繋がってはいるけれど、身につける人は減る一方。
ついでに主婦の誇りなんぞもどこかに置き忘れてきたような...。

身近かな自然に目を向けようと食の世界でも地産地消、身土不二、スローライフだのが叫ばれている中、ユネスコの無形文化遺産にも登録された「和食」が見直されてきている。

それらをぜ〜んぶ割烹着に包んで、ちょっと前の暮らしを取り戻したいなと思う。
いえ、これは私のちょっとした願い、です。


コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。