ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

貝柱の出しに里芋、人参、きくらげ、糸こんにゃくなど具だくさんの煮物(汁)。
会津地方の郷土料理。
こづゆの名は「小吸い物」から転化したとされ、へりが薄く浅い漆塗りの平椀(吸笠、スイガサ)に多めの汁と一緒に盛られる。
具になる材料は各地域の産物を反映していろいろであり、料理名もざくざく、ざく煮、重のつゆ、単につゆなどと呼ばれる。
◆会津藩の武家料理が、江戸後期から明治初期にかけて庶民のご馳走として広まり、冠婚葬祭などの一品としてふるまわれた。
(参考図書:会津の食文化研究家.平出美穂子。日経新聞.美味探検。同朋社.日本料理由来事典ほか)
.
< ざくざく>
お節作りに取りかかろうとすると緊張する。
品数が多い上にいつもより形よく、いつもより味よく、それに華やかさもほしい。何しろ一年の晴れ舞台となるのだから。
里芋は六方にむいて、蓮根は花切り、京人参は梅花に、筍は末広、椎茸は亀甲に調え、大根は羽子板がいいかな、いや、鶴型に抜いてみようか...となると弾き出された野菜の切れ端が山とつまれる。
まな板にのった角あり曲線ありの野菜たち。これを暫く眺めていた会津育ちのツレが菜切り包丁を手にした。
野菜たちを1センチ角ぐらいに調えるようにしてザクザクっと。ごぼうや豆、こんにゃくなどの飛び入りも加わって、ますます華やかになった具材を一気に出しで煮た。
その名も「ざくざく」。
かくして、家ではお節作りの総仕上げの晩に締めくくりとして、滋養たっぷりのざくざくを食べるのがお決まりになった。
朱塗りの平椀(吸笠)に盛ったらさぞ、武家料理の風格が伝わってくるのだろうと思いつつ...。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。