ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

とき卵に牛乳と砂糖を加えた液に食パンを浸し、バターでこんがりと焼いた料理。
英語では「フランス風のトースト」の意味になるが、「おしゃれな、気取った」という意味合いがある。
◆フランスではバケットやブリオッシュで作り「パン・ペルデュ(失われたパンの意)」と呼ばれる。
古くなったパンを利用した同じような料理は各地にあり、サヴォワ地方の「クルート・ドレ(黄金色の揚げパン)」、シャンパニュー地方の「スープ・ドレ(黄金色のスープ)」、南ドイツの『アルムル・リトゥル(貧乏騎士)」などがある。
.
<レオポルド サンドウィッチって?>
今のフレンチトーストを、その昔レオポルド サンドウィッチと呼んでいた。昔といっていいのかどうか、40年前に料理教室のメニューの中にあった。当時はちょっとしゃれたパンの食べ方といったイメージもあったのに、それがいつの間にか喫茶店のメニューでも普通にみかけるようになった。しかも名前はフレンチトースト。
卵液にオレンジやリンゴジュースを加えてトーストするが私の好みなのでよく作るが、その度にレオポルドと呼んでいた当時の名前が頭をかすめてしまう。ベルギーのレオポルド国王の名だとしたら、そこにはどんな繫がりがあったのだろうか。未だに分からないことのひとつ。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。