ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

鹿児島県、奄美大島の郷土料理。
ご飯の上に具をのせて鶏の出しをかけて食べる茶漬けのような料理。

奄美大島には薩摩鶏のような放し飼いの赤毛の「しまどり」がいて、この鶏を煮込んだ出しを用いたのが特徴。
ご飯の上にのせる具は鶏肉、錦糸卵、椎茸、パパイアの漬物、葱、乾燥させた島みかんの皮、海苔などであるが、戦前は出しをかけるタイプではなく炊き込みご飯であった。

◆昔、薩摩藩の支配下にあった奄美の人たちは、さとうきびを栽培して黒砂糖を作り薩摩藩に納めていた。監視にくる島津藩の役人たちへのもてなし料理がこの「鶏飯」であった。

(参考図書:タイムライフ編『世界の料理』 、今村知子著『私の鹿児島料理』ほか)

<熱々がうまい!>

鹿児島・桜島を目の前に見る「奄美大島料理店」に入って念願の「けいはん」を注文した。
暖かいご飯は丼に、具材は大皿に、その脇には銅鍋に入った鶏の出しがグツグツ沸いている、といった具合にサービスされた。

大皿には煮込んだ鶏肉、椎茸、錦糸卵、海苔、わけぎ、紅しょうがなどが。
それに、ミカンの皮のみじん切り、パパイヤの漬物となると、ここは紛れもなく南国。

昔はこんなにまで華やかではなかったはずで、代わりに鶏肉にはもっと野性味があったのではないかと想像しながら、丼に具材をのせて熱々のだし汁を注いでスプーンですくった。
あっさり、うまい!
※ ※ ※
それにしても鶏飯を「とりめし」と言わずに「けいはん」と呼ぶのはなぜだろう?
店主に尋ねてみた。
昔から「けいはん」と呼んでいたからだ、と。

・・・何も、追求するほどのものでもないわよね。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。