ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

ニンニクとアンチョビー、オリーブオイルなどを合わせたソースを専用の鍋に煮立て、食卓の上で蕪や、カリフラワー、チコリ、パプリカなどの野菜をつけながら食べる料理。
スイス料理いのフォンデュのような食べ方。

イタリア・ピエモンテ地方の冬の料理で、この地方の方言でバーニャは「ソース(主にオリーブオイルがベース)」、カウダは「熱い」という意味。
.

<全員が女性客>
時代を先どりしたおしゃれで、イキな料理店が人目を引く。
銀座・山形アンテナショップに併設されているリストランテ「サンタンデロ」に出かけていった。
午前11時半開店というのに、10時に予約受付開始。ウィークデーなのに、ですよ。

注文したパスタランチ(1800円)には、「バーニャカウダ」がセットされていた。
この店で売りにしている山形直送の野菜が大皿に品よく盛られ、「カリフラワーとアンチョビーのペーストです」と小皿に入ったソースが添えられた。

「これって、バーニャカウダってこと?」と思わず友人と顔を見合わせ、「ソースを火にかけながら・・・というのはこの価格ではちょっと幻想かもねっ!」とヒソヒソ。

ちなみにサービスされた野菜は、白菜、うるい、蕪、こごみ、アスパラ菜、人参で、量は少ないけれど、どれも土地の山形の豊かさを感じさせる甘~い味でした。


コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。