ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

ユリ科の多年草。若い葉とつぼみ、球根を食用にする。
出羽三山修行者たちが昔から食していたところからこの名がある。
古くはコビルと呼ばれ、江戸中期には行者蒜(ギョウジャビル)、日光二荒山(フタラサン・南体山)で山僧が食べるので二荒蒜(フタラビル)とも呼ばれた。また北海道ではアイヌが古くから食用、薬用のほかに呪術に用いたことからアイヌネギと呼ばれた。
◆「葷酒(クンシュ)山門に入るを許さず」といわれ、にんにくなどの臭いの強い野菜を食べべたり、酒を飲んで修験の山に入ることはかたく禁じられていたが、行者にんにくだけは荒行に耐える強壮薬として許された。

(参考図書:主婦の友社.山野草カラー百科。佐藤邦治著.出羽屋の山菜料理。牧野富太郎著.牧野新日本植物図鑑ほか)
.
<かじってみたら・・・>
修行僧になったつもりで生の鱗茎に味噌をつけてかじってみたら、刺激臭が口の中を駆け巡った。恐る恐る遠慮しながら食べたにもかかわらず...。
でも、これが酒好きにはたまらないらしい。ますます、酒が欲しくなる...。
行者にんにくだけは許すけれど、酒は許さず、とは、チト酷ではないか!
いや、いや、それも修行のうち。
いやいや、逃げ道はいつも用意されている...ということなのか。


コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。