ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

とろみのついたモヤシ入りラーメン。

サンマーとは広東語で「生の野菜」という意味があり、「碼」は「馬」に通じて生きのいい呼称でもある。
さっと炒めたモヤシをラーメンの上にのせるので「生きがいい」という意味で名づけられた。

サンマーメンのメニューは本場中国料理にはないが、中華丼や天津丼と同じように日本独特のものらしく、戦前に中華街を中心にあちこちで広まったといわれる。

発祥については中華街の聘珍楼とも玉泉亭ともいわれるが、他の説も新聞記事に載っていた。(平成7年・5・3・朝日新聞) それによると、
JR石川駅に近い中華料理店にもサンマーメンの名づけ親がいた。
店主の解説によると、当初「三碼麺」と書いていた。モヤシに細切り豚肉、それにナルトの三種類の具が入っていたからだ。
「さっとモヤシに火を通すと、盛り上がってくる。馬が鍋で生き生きと駆け回っているようだから、おれが三碼麺と名づけた」とある。
なお、その店は現在消滅しているという。


◆3年ぐらい前に日経新聞に連載されていた「食の東海道」によると、
「サンマーメンは多摩川以西にしかないというが、観察した限りではその手前、大田区中部からサンマーメン地帯が始まる。
現在の東の境界は梅屋敷近辺らしい」とあった。しかし、今ではその地域を除々に広げつつある。

<B級グルメ>

初冬のある日、横浜のはずれにある小さなラーメン屋に立ち寄った。
すでに先客二人がサンマーメンをすすっていた。私はもちろんサンマーメンを注文。

すると、すぐに後から威勢のいいお兄さんが二人、ガラガラと戸を開けるやいなや「サンマ!」と。続いてエプロン姿のおばさんも「サンマ!」。

ふぅーん、「サンマ」というのか!

注文する人、それを受ける息のあった短い会話のキャッチボールが小気味よい。
それにしても、全員がサンマーメンとは。

湯気と熱気でまっしろに曇ったガラス窓をながめながら、ひとり熱々のサンマーメンをすすった。

もやしラーメンにとろみがついた、ただそれだけなのに、あたたかくて美味しい味が庶民に親しまれるB級グルメといわれる所以かも。   

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。