ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

高知県特産の発酵茶。

蒸した茶葉にムシロをかけて発酵させ、樽に漬け込んでさらに二段階発酵させる。
これを臼で搗いて重しをかけて押し固め、平らになったものを切り分けて干す。
昔は団子状に固めてむしろの上で干したので、その様子が碁石を並べているように見えたことからこの名がある。

江戸時代から作られてきたが、今では高知県長岡郡大豊町で一軒の農家が生産しているだけである。
弘法大師(空海)によって伝授されたとの言い伝えもある。

◆日本のお茶といえば一般的には緑茶を思い浮かべるが、昔から発酵茶もあった。発酵茶の中には碁石茶や石鎚山の黒茶のようにカビづけの後に嫌気的に発酵させるニ段階発酵茶のほかに、富山黒茶(カビによる好気的発酵茶)、阿波番茶(乳酸菌などの嫌気的発酵茶)などがある。

(参考図書:淵之上康元、弘子著『日本茶全書』、農文協『聞き書 高知の食事』ほか)


<飲んでみると・・・>

茶葉が入った袋を開けると発酵茶独特の香りがプーン。
発酵茶だから紅茶のような香りがするかと思っていたら、むしろ中国茶に近い。

押し固められた3センチ角の茶葉1枚を急須にいれて水を注いで火にかけた。
茶葉が膨らむのを待ってひと口飲んでみる。ちょっともの足りない、味も香りも。

説明書きに「甘酸っぱい香りと発酵させた複雑な味わいがある」とあるだけに、どうにかそれに近づけたい...。と、妙な考え。
思い直して熱湯を注いでもう一服。う、ぅ~ん?

たかが一回や二回で味を云々するのは軽すぎる、急須に水をつぎ足してもう一度煎じてみた。
なるほど、今度はほのかな甘みが感じられた。

昔は茶粥に利用されたというだけあって、しっかりと煎じる方が碁石茶のよさを引き出せそうだ。

手間ひまかけた発酵茶はいかにも体に良さそうなのに、積極的に飲みたい気分になれないのは慣れない味のせい?


コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。