ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

灰汁(アク、木灰に水を注いだ上澄み液)に浸けたもち米を、竹の皮に包んで茹でた餅菓子。
きな粉や黒砂糖の蜜をつけて食べる。
ちまきの一種で、鹿児島、宮崎、奄美大島などでは五月の端午の節句に供える風習がある。もち米を灰汁に浸けることで独特の風味が生まれ、保存性が高まる。秀吉の朝鮮出兵の際や、関ヶ原の戦いでは薩摩兵児の兵糧だったと伝えられる。
◆山形、庄内地方にも灰汁を使った餅(笹巻き)がある。ただし木灰ではなく藁灰などの灰汁で、また、竹の皮ではなく笹の葉を使うことなどが異なる。

<さて、作ってみたら・・・>
はじめての人は、竹皮の包みの中から現れるべっ甲色の餅を目にしただけで引いてしまう。一方、これこそ、この色こそが「あくまき」と胸をはる地元の人たち。やはり郷土食というのは地元の人にとっては揺るぎない存在なんだな〜。
本当にべっ甲色になるのだろうか?
地元宮崎、綾町で教 わった通りに灰汁に一晩浸したもち米を竹皮で包み、紐で結びながら半信半疑で3時間ほど茹でてみた。
アレ〜? 現れたのは米粒どうしがやっと繋がっているおこわ。しかも薄茶色。
3時間も茹でたのに・・・と恨みぶしが出てくる。
後になってその原因がわかった。
木灰なら何でもよいわけではないそうな。
樫や椿のような照葉樹を燃やした灰はアルカリ分が強く、これに米を浸しておくことでねっとりとして弾力性のあるべっ甲色の餅になるという。それと同時に保存効果もあがる。
九州地方には照葉樹が多く、あく巻きはこの恩恵を受けている食品の一つであった。
私は身近にあった落葉樹である桜の木灰を使ったから本来の味が出せなかったのだ。やはりあく巻きは郷土食そのものなんだ。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。