ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

鮑やとこぶし、蛸などを大豆といっしょに軟らかく煮こんだ料理。「大海煮」ともいう。
かつて中国で生産された大豆を日本に運んだが、このときの大型船の名が由来とされる。
また、あわびを船に、グツグツと煮える大豆の様を波に見立てたという説、大船がゆっくり前に進むように、じっくりと時間をかけて煮あげることに由来する、などの説がある。
「オオフナニ」と表記してある辞典もある。
.
<貝類を軟らかく煮る>
「大船煮」という名の料理がバイキングメニューに登場してきた。燻製味のする鯖の切身と大豆、昆布などを砂糖と醤油で煮こんだものだった。大船煮?...はじめて聞いた料理名に、いかにも北海道!と感心したものだった。
「本来はアレを使うんだけれど...」という常套文句は私もよく使う手だが、この料理も元はアワビやトコブシを大豆と一緒に煮込んだもので、煮込むと硬くなってしまう魚貝類を大豆と組み合わせて軟らかく煮るという理にかなった調理法だ。
今ではそんな贅沢な材料は簡単には使えないのは当然だけれど、 そんなことにはお構いなしに鯖と大豆を組み合わせて「大船煮」と言い切った人もなかなかの太っ腹!

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。