ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

仕事の途中などに道草をくったり、長々とむだ話をして時間をすごすこと。
江戸時代には行灯や整髪のための油売りがいた。当時は柄杓で量り売りをしていたので、キレの悪い油がしたたり落ちるまでの間にお客と世間話などをしていた。本来はきっちり計るために丁寧な仕事をしていたのに、端から見るといかにも仕事をさぼっているように見えたことから、「余計なおしゃべり(サボル)をすること」の意味に使われるようになった。

<こんな説も・・・>
「天気のいい日に日向にいると油があたたまって量が増える。これが利益につながることから長々と世間話をしていた。」という説もあった。
が、油の量を云々するより、酸化して品質を下げてしまうことの方がよっぽど気になるけれどね~。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。