ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

小麦粉生地の揚げ菓子。

ドー(小麦粉をこねた生地)を揚げた形がナッツ(木の実)に似ていたことからこの名がある。
16世紀、オランダでパン生地を丸めて揚げた油菓子(olie koek)が元といわれる。
後に生地に甘みをつけたもの、あるいは砂糖をまぶしたものがあらわれ、17世紀前半にオランダからの移住者によってアメリカにもたらされた。
形も丸型だけではなく、棒状のものやひねった形なども出てきて、ナッツのように見えることからニューイングランド地方でドーナッツと呼ばれるようになった。

今のようにリング状になったのは19世紀に入ってからで、真ん中に穴を開けて火を通しやすくしたのだとか、インディアンの矢が刺さって開いたのだという説がある。

◆『世界たべもの起源事典』岡田哲著には「ドーナツはドイツの創製である」と記されている。

(参考図書:内林政夫著『西洋たべもの語源辞典』猫井登著『お菓子の由来物語』ほか)
.
< おまけの喜び >

母の作るおやつの中で、ドーナッツが一番のお気に入りだった。
ベタ、ネトッ。油がしっかり染みていて、食べると口の周りに砂糖がまとわりついた。
今となっては敬遠したくなるような「しつっこさ」も、当時はなんのその。
かえって、それが美味しかったのだ。

ドーナッツを作る時の型抜きには決まって湯のみ茶碗を利用した。
麺棒で伸ばした生地の上に茶碗の口の部分を当てて左右にギュッギュッとねじって切り取った。その真ん中に同じく底の部分を当ててギュッギュッ。

はじかれた穴の部分をまっ先に油の中に入れることもお決まりであった。
試し揚げといったところか。
この試し揚げのおまけが、もうすぐ自分の口に入ってくるであろう、と想像しながら母の脇で手の動きの一部始終を見つめるであった。

生地をそっと油の中にすべり入れた。すると一旦沈んでから、大きな泡をまとってふわっと浮き上がってくる。
上下を返しながら泡が小さくなっていく‥‥。だんだんと色も濃くなっていく。
もうすぐ揚がりだ!
私の気持ちも上りつめていき、食べる前なのに口の中があたたまってくる。
そんな助走のおまけもあった。
※ ※
巻き終わった海苔巻きのはじの一切れ、鍋に白っぽく張りついた練りあげ途中の小豆餡のひと舐め。何度も挑戦していた泡雪かん。分離して残念そうだったけど、結構おいしいじゃない!などなど。

台所の母の近くにいると、たくさんのおまけに出会えた。
美味しい瞬間を切り取って口に入れるのだから、大いに得をした気分にもなれた。

子どもだけではない。
大人も老若男女を問わず、みんなおまけが大好き、なはず。

それが証拠に女性雑誌が付録(おまけ)になってしまったようなバック?が大人気と言うじゃあありませんか!

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。