ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

タラ科の海魚。
同じタラ科のマダラに比べてこまい(小さい)ことからこの名がある。
こまいの大型のものを大まいという。
冬に凍結した沿海の氷面に穴をあけて釣り上げるので「氷下魚」の字を当て、アイヌ語ではカンカエといい「寒海」の字を当てる。
.
<何といっても、ルイベ>
誰にでも、舌に焼きつけられた旨い味というのがある。
「それは何といってもコマイのルイベ」と絶賛するのは北海道・黒岳石室(イシムロ)の小屋番。
「地元で、その場でしか食べられない、絶対に!」だそうだ。
鮭のルイベと同じように、生きたまま凍らせたコマイをナイフで削りながら食べるというのだ。鮭よりもずっと旨い!と。「どのような旨さ?」と詰め寄る私にウ~ン!と言葉を探していたが、「まあ、一度食べにいらっしゃい」と。
ルイベといえば鮭が頭に浮かぶし、コマイといえば、せいぜい乾物を酒のつまみに焼いて食べることぐらいであった。
この日は大雪山、トムラウシを目指して出発したものの、大荒れの天候で引き返した黒岳石室(山小屋)でのこと。連泊したよしみか、思いがけないコマイの雲上話が展開した。翌朝になってトムラウシでの遭難事故の惨事が知らされ、小屋の空気が一変した。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。