ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

天南星(テンナンショウ)科の多年草。葉茎を食用にする。
里芋の茎によく似ているが、近縁の別種。芋は小さくて固いので食用にはならない。葉柄を横に切ると断面が蓮のような小さい孔(アナ)がたくさん空いていることからこの名がある。
また、葉の形が蓮の葉に似ているからだともいう。
◆肥後ズイキは、この葉柄を乾燥させたもの。

<初夏にぴったり!>
子どもの頃、はす芋の皮むきが面白くてよく手伝っていた。涼しげな黄緑色の皮を引くとシュッーと音が響いて妙に心地よかった。
引く手を早めるとシュッ!とキレがよく、ゆっくり引くとかすかな音色にと、自在に操れる楽器を弾いている気分で心地よかった。皮を引くたびに葉柄の中にある無数の空気穴が微妙に響いていたのだと気がついたのは、だいぶ後になってからのこと。
味に特徴はないものの、口に入れた時のサクサク感は際立っていて正しく初夏の食材。
煮物などの加熱調理にも利用されるが、やっぱり生のまま薄切りにして刺身のけんや酢のものにするのが最高!。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。