ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

ナス科トマト属。
原産地はペルーで、アステカ族のナワトル語でトマトゥル(膨れた果実)が語源とされる。
これをスペイン人が持ち帰ってトマーテと呼び、16世紀~17世紀初めにはイタリアに渡った。
このときのトマトは鮮やかな黄色、大きさは今のミニトマトぐらいでポモドーロ(黄金のりんご)と呼ばれた。

フランスではポム・ダムール(愛のりんご)、イギリスではラブアップルと呼ばれたが、他のナス科の有毒植物と同様に見なされて、もっぱら観賞用、薬用に用いられていた。
この状況は長く続いたが、17世紀半ばには生野菜のサラダの中に使われている。

(参考図書:農文協『世界の食文化』 内林政夫著『西洋たべもの語源辞典』ほか)


<ガルムでさえ...>

トマトには旨み成分のグルタミン酸が多いという。
生のままで食べると気づかなかったのに、煮詰めたり乾燥させて凝縮させると旨みがはっきりとわかる。

ひと昔前までは「生のトマトに火を通すなんて」 と眉にしわ寄せた私たち日本人も、今では加熱するのも当たり前。
頑固だと思っていた舌も、壁をすんなりと超えられるほどの旨さがあった。

イタリアで昔から使われていた旨みソース「ガルム(魚醤)」はトマトの出現によって衰退してしまった、という話があるくらいだ。


さて、加熱用となればたいていは皮をむいてから調理する。
皮むきには色々な方法があるが、冷凍庫に投げ込んでしまえば話は簡単。
使いたい時に、使いたい量を、水道の蛇口の下でひと流しすると、皮がスルスルと剥ける。

十文字の切り込みは?へたは除くの?
どちらでもお好きなように。
______________________

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。