ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

ウコギ科の落葉高木で、その若芽を食用にする。

昔この木から樹脂液をとり、漉して塗料に使ったことから「コシアブラ」と呼ばれる。

また、金漆(ゴンゼツ)という塗料用の油をとったことから「コンゼツの木」とも呼ばれた。

◆ 若芽は山菜として天ぷら、あえものに用いられる。

(参考図書:牧野富太郎著『牧野 新日本植物図鑑』、講談社『山野草を食べる』ほか)


.
<人気上昇中>

おいしい山菜の代表格といえば、タラの芽、ウド、フキノトウ。

でも、このところジワジワと人気を押し上げているのがコシアブラ。
ファンが増えている、というか、一般に知られるようになったからだろうか。
昔から知る人ぞ知る、という類の山菜ではあるけれど...。

香油を感じる上品な味は、天ぷらにするとタラの芽にもヒケをとらない。
もみじ型に開いた葉の形はお皿に盛っても、なかなか華やかだ。


**
コシアブラの木は成長が早く、いつの間にか手の届かない高さになっている。

木の先端の若芽を摘みとろうと、枝を引き寄せて格闘していると、
「採りやすい高さに木を切ったらいいよ」と隣人からのアドバイス。


そんな訳で、我が家のコシアブラ全員(5本)、一斉に散髪しちゃいました。


コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。