ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

ウコギ科落葉高木。若芽を食用にする。
昔はこの木の樹脂液をとって漉し、金漆(コンゼツ)という特殊な塗料を溶かす油としたことからこの名がある。金漆(ゴンゼツ)は鏃(ヤジリ)を固めたりするのに用いられていた。またの名をゴンゼツノキという。一説にはコシは金漆の略であるともいわれる。
.
<人気上昇中>
おいしい山菜といえばタラの芽、ウド、フキノトウが代表格として扱われるが、このところジワジワと人気を押し上げているのがコシアブラ。ファンが増えている、というか、一般に知られるようになったからだろうか。昔から知る人ぞ知る、という類の山菜ではあるけれど。
香油を感じる上品な味は、天ぷらにするとタラの芽にもヒケをとらない。

コシアブラの木は放っておくと高木になる。そうなると、その先端に生える若芽を摘みとるのに難儀をするので、どうしたものか、と思案していたら「とりやすい高さのところで木を切ったらいいよ」と隣人からのアドバイス。
そんな訳で、我が家のコシアブラ全員(5本)、一斉に散髪しちゃいました。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。