ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

スパゲティに卵、チーズ、パンチェッタ(またはベーコン)などをからませたイタリアのパスタ料理。一般にはスパゲティ・カルボナーラのことを指す。
カルボナーラとは「炭焼き風」という意味である。
炭焼人の携行食であった卵、チーズ、パンチエッタなどにパスタを合わせて即席に作ったことからこの名がある。
別説としては、仕上げに振りかけた黒コショウの粒が炭粒のように見えたからとか、戦後の食糧不足だったローマで連合軍の物資であった卵とベーコンをパスタに絡めて炭火で調理したから、などの説がある。

<一風変わった説>
「炭焼き党」という秘密結社のメンバーが食べていたパスタだから、という語源説もあった。「炭焼き党」と聞くと何だか怪しげな、と思って調べてみると、1820年代の炭焼き党(カルボネリーア)に代表される秘密結社が実在したらしい。それにしても、秘密結社なのに、その名が料理名として広がったとは・・・。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。