ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

すし飯の上にいろいろな具を並べたすし。
並べられた具の様子が、寺院の「こけらぶき」のように見えることからこの名がある。「こけら」とは、材木を薄く削りはいだ板のことで、これを寺院などの屋根にふいたものを「こけらぶき」という。
しかし、こけらずしの名は『料理物語』(1643年)、『料理指南集山家集』(1802年)などによると「飯に具をかき混ぜる」とあり、飯の上に具をこけらのように並べたものでない。
『日本料理起源事典』(川上行蔵)によると、この点が「こけら」の名前と一致しないことが指摘されており、現在の和歌山のこけらずし(こけらのように並べられている)は古い歴史のある話ではないらしい、と括っている。
◆明治初期に大阪船場の吉野寿司で始められ、箱ずし、押しずし、東京では大阪ずしと呼ぶ、と書かれた事典もある。
◆聞き書き『日本の食生活全集』(農文協・1984年~)によると、和歌山だけではなく、岡山、兵庫、鳥取、高知の各県にわたって「こけらずし」の名がある。いずれの地域でも、すし飯の上に魚や野菜などをのせたり混ぜたりして重しをかけたものであり、木枠やすし桶などを使っている。具になる魚や野菜の種類などは地域によってマチマチである。

<へぇー、杮と柿>
「こけら」を漢字で書くと「杮」。どう見ても果物の「柿」と同じように見える。
ところが、ある時に恩師の伊藤先生から「こけら」と「かき」が同じ文字ではないことを教えられた。二つの文字をパソコンで漢字変換してみると、杮柿となり、並べてみても違いは殆どないように見える。だが手書きにすると違いがよくわかる。
こけらは木扁に一、巾と書いて「杮」、字画は8画。それに対して、かきは木偏に亠、巾と書くので9画になる。これを知っていると漢和辞典で探しやすいのだ、とさ。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。