ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

小麦粉を原料にした麺。
奈良時代に伝わってきた唐菓子の一つ。
当時は今のような麺状ではなく、小麦粉をこねた中に餡を包んだ団子であり、丸い形で端がないので、混沌(コントン)と呼ばれた。さらに食べ物なので、サンズイを食扁に改めて餛飩(コントン)と書き、温たくして食べたので温飩(ウンドン)、さらに転じて室町末期には饂飩(ウドン)となったという。ひも状に切った今日のうどんは昔は切り麦と呼ばれ、それを熱したのをアツムギ、冷したのをヒヤムギといった。

◆「うどんのルーツは中国ではなく日本であった?」
という見出しで伝承料理研究家の奥村彪夫さんの調査結果が新聞に載っていた。(朝日新聞・平成21・1・25)
奥村さんが30年がかりで中国での現地調査でまとめたところによると、
「うどんは唐菓子として日本に伝わってきたのではなく、中国から伝わった切り麦から日本独自に進化したと推測。切り麦は今の冷麦で、細いので湯につけると伸びやすい。うどんは温めて食べる専用の太いめんとして生み出された可能性が高いと結論付けた。」とあり、推測の根拠についても述べていた。

(参考図書:伝承料理研究家、奥村彪夫。河野友美編、食品大事典ほか)
.
<粉もん世界>
久しぶりにうどんを打ってみましょっか...。
水加減はおおよそ粉の三分の一...。
手の甲、手首を使ってよいしょ、よいしょ!
たった3カップの粉だもの、足で踏むほどでもない。
30分寝かせて...伸して切って熱湯の中に投入。
アレー、ところどころがプツっと...切れちゃった!
こうなったら、うどんは諦めて方向転換をしょっと!

生地を丸め直して薄く伸ばして、ゴマ油を塗って、小口ネギを全体にパラパラ。
それを手前からピッチリ巻いて棒状にして、端をフライパンの中心に置いてからグルグルと渦巻き状に巻いていく。
片面焼いたら裏返してもう一度焼いてパリパリに。
いつか「美味しんぼ」に登場した山岡さんの「ねぎ巻き」の出来上がり!

そういえば、以前にはすいとんに化けたような。
いやいや、それだけではない。だんご汁やミミにも。
どうやら、うどんは化けるものらしい。

もしかして、粉もん世界はこうして裾野を広げたのではないだろうかと、
そんな錯覚をもおこしてしまう。

こうして、うどん作りは先送り。
なぁに、いつかツルツル、シコシコのうどんができるさ!


コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。