ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

シソ科、多年草。
地下茎の巻貝のようになっている部分を食用にする。
朝鮮ではミミズ(チョロンイ、チーロンイ)と呼ばれ、これが語源とされる。
◆中国原産で、8世紀の書物にはすでに記述がある。日本には17世紀後半に渡来し、珍しいもの、飢えを助けるものとして栽培が奨励された。
◆めでたい食べ物として千代呂木、千代老木、長老貴などの文字が当てられ、紅白のちょろぎの甘酢漬けは正月料理の黒豆に添えられる。また、甘い味であることから甘露子、白色で節がくびれ、蚕の蛹に似ていることから草石蚕の文字が当てられる。

<カワイイ?それとも妙?>
掘り出して周りについた土を落としていくとだんだんと形が見えてくる。
わずか2〜5センチ長さの中に、タニシ(巻貝)のようにも団子を重ねたように見える形で収まっている。この形だけでも十分個性的なのに、さらに太巻き、細まき、胴長など色々あって、それぞれが自己主張している。
甘酢漬けのほかに塩、醤油、味噌漬け、煮物、和え物、バター炒めなどにも利用されるが、私のお奨めはから揚げ。
小麦粉を薄くまぶすのが肝心で、面倒でも刷毛を使ってつけるぐらいの薄っすらがいいかナ。つけすぎるとらせん状のくびれが消えて寸胴になってしまう。揚げたてに塩を振って口に入れると、外はカリッ、中はモチッ。
多くは加工されて市場に出回るので生のものはあまり見かけないのに、暮れになると町の駅で土つきが売られている。こんな地域食材に出合うと嬉しくなってついつい後先考えずに買ってしまう。これが、私の悪い癖!

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。