ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

蕪に塩ブリをはさんで麹漬けにしたもの。加賀地方に伝わる名物発酵ずし。
加賀特産の蕪に能登沖でとれたブリをはさんで漬け込んだもので、麹が発酵した一種のなれずしである。
◆加賀百万石の強大な権力で、庶民の食べ物は厳しく統制されていた藩政時代に、高級魚であるおいしいブリを漬けて不満のはけ口としたのがはじまりだと伝えられている。
正月の伝統的な食べ物で、各家庭では11月の下旬頃から、正月に食べごろになるように腕によりをかけて漬け込んだという。

<出会いのもの>
塩ブリと蕪、こんなに相性のよい組み合わせがあったのだ。ブリが蕪のきめ細かい舌触りと麹の甘さに包まれていて、発酵した旨さを知る逸品だ。
冬の金沢・近江市場を覗いてみれば、ブリに限らずサバやサケまで、価格もピンからキリまでで市場は賑やかだ。地域に息づいていて正月の卓上には必ず登場すると聞くが、今では家庭で作る人は少なくなっているという。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。