ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

秋田ではハタハタの卵巣のことをいう。
江戸時代に秋田藩主、佐竹候がハタハタの保護のために漁獲を禁じたところ、漁師たちがハタハタの卵を鰤(ブリ)の卵だと偽って売ったことからこの名がある。
また、『食品大事典』河野友美編には次のように記されている。
「佐竹候が水戸の藩主であった頃は正月に必ず鰤を食べていたが、秋田に転封されてからはブリを食べることができなくなった。仕方なくハタハタを鰤の代わりとして食べて自らを慰めたところからこの名がある。」
◆秋田名物の一つであるが、今やその名は全国的に知られている。生のまま醤油をかけて食べたり、なます、からし味噌和え、味噌汁、酒かす汁などにも用いられる。

<珍重されるとあらば...>
プリプリ、コリ。
ブリコを口に入れながら、
「この食感がいいのよ、こうでなくっちゃあ!」と、満足げな笑みを向けるのは秋田出身の君。
こちらと言えば噛み潰そうとして勢い余って口から飛び出てしまい、その行方を目で追う始末。
口の中で旨さを愉しむまでには、まだまだ時間がかかりそうだ。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。