ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

ハラタケ科のきのこ。
開いた傘の形が、から傘に似ていることからこの名がある。
傘は褐色で、径は20センチ、高さ40センチ以上になることもあり、手で上下に動かしても壊れにくい丈夫なつばがある。
◆加熱すれば食べられるが、これと似ている有毒のものもある。

<貴婦人のような・・・>
夏も終わりに近づくと、からかさ茸は一足先に林に現れる。毎年いつもの場所を通りかかると 目線はひたすら地面を追っている。そして見つけた時にはすぐ採る、これ鉄則です!
「山のものと娘には明日はない」一人口ずさむ。
大きめの帽子をかぶり、長い足(柄)でスクッと立っている姿は貴婦人さながらで、否が応でも目についてしまう。
開いた傘を手で握りこんで静かに離していくと、元の形に戻っていくのが面白くてちょっと遊んでみる。俗名「にぎりたけ」とはよく言ったものだ。
こうして姿を存分に眺めてから調理開始。傘の内側のくぼみに白身魚のすり身や肉を詰めて揚げるのが私の定番。そのままお皿に移してこれを放射状に切り分けて辛子でも添えて食べる。ちょっと手をかけ過ぎかな~。
淡白な味なので、クリーム煮やバター炒めなどにしても美味しいですよ。
柄はどうするか、って?
煮ても焼いてもお好きなように。
そうそう、ヨーロッパのどこの林だったかしら。美味しい傘の部分だけをナイフで切りとって、後の柄だけが転々と残っている映像がありましたね~。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。