ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

カキノキ科の落葉高木の果実。
『日本釈明』貝原益軒著には「あかつき」より転化したもの、『和訓栞(ワクンノシオリ)』には「実の赤き」から転じたとある。
『植物の漢字語源辞典』には「果実の色からアカキ(赤木)の意味」に由来するとも。また、「赫やき(カガヤキ)」からというのもあり、いずれも、あの美しい果実の色がもとらしい。
◆東アジア原産の果樹で、中国、日本などでは古くから果実を食べていた。『延喜式』(927年)によると、熟したものや干し柿が祭礼の菓子類として供えられていたという。また、柿、百合根、霊芝、の三つを合わせたものを「百時如意」といい、これは「思うことが意のままになる」という意味であり、縁起のよいものとされた。

<やっぱり熟柿!>
柿はうまい。
品種は数あれど、それを超えて何といっても・・・熟柿(ジュクシ)が好き。
それも、渋柿に限る。甘柿のソレとは比較になりませぬ。
熟した柿は「熟柿」と書いてジュクシと読ませる。
完熟トマト、完熟バナナ、果ては完熟かぼちゃまで、商品価値を高めるのか「完熟」の文字をアチコチで目にする。でも、それをとっくに過ぎた「過熟」、かと言って腐ってはいない瞬時のうまさを味わえるのは熟柿ではないだろうか。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。