ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

愛嬌もなく、思いやりもない。とりつきようがない、という意味。
ニベとはニベ科の魚の名前で、この魚の浮き袋は膠(ニカワ)の原料になり、その製品もニベという。
ニベは粘着力が強く、かまぼこや工芸品などの接着剤として用いられる。ニベがなければ粘り気がないので、これが転じて愛嬌もなく、思いやりもないことを「ニベもない」というようになった。
◆『肥後国風土記』によれば景行天皇が肥後玉名沿岸に船をよせた時、この魚がにべさ(沢山)にとれたので名づけたとあるが、現在有明海にはニベという魚はいないという。
◆ニベの浮き袋をそのまま干したものを魚肚(ギョト)といい、これをスープや煮物に使った中国料理がある。

<コラーゲンと膠とゼラチン>
コラーゲンとは獣や魚類の骨、皮、腱、などの組織の主成分。
これを水で煮た液を乾かし固めたものが膠。
膠の原料になるのが「ニベ」。
膠を精製したものが菓子などに使われるゼラチン。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。