ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

茶碗に盛りきりにした一膳かぎりの飯のこと。
神様あるいは決まった人を目的に盛り切りの飯を供したことからこの名がある。死者の葬儀で出棺に先立って列席者に出す飯のことも、死者に供する飯(枕飯)のことも一膳飯という。
また、家を出て再び帰らぬ時に供するのは一膳の飯に限るのが古くからの習わしで、嫁入りの際、実家を出る時の別れの食事は一膳飯であった。これは二(フタ)たび家へ帰らぬという意味があった。
◆一膳飯は忌み嫌われる
このような風俗から、一膳だけで食事を済ませることは忌み嫌われていた。ことわざにも「一膳飯は食わぬもの」「一膳もので不調法」とある。また、葬式の際に豆腐汁を飯にかけて早食いする食習があったことから、飯に汁をかけることも忌み嫌われた。
◆一膳飯屋
ご飯を茶碗や丼に盛りきりにして、これに副食をつけて商う店を一膳飯屋といい、江戸時代にあった街道筋の煮売り屋(粗末な食事を出すところ)から発展した。

<・・・とは言っても>
ご飯は一膳で終えるものではない。しかも、一膳目を食べきらないで一口残すのが作法だと教わった。それがお互いの合図になるのだからだと。

今ではそんな作法は忘れたかのように、一膳の飯がとやかく言われる時代ではなくなった。むしろ、世をあげてメタボ!メタボ!の大合唱で、飽食の方が忌み嫌われている。・・・とはいっても、これは文明国の話。世界に目を向けると、飢餓や栄養不足に苦しんでいる人たちが大勢いることは深刻な問題だ。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。