ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

バカ貝科の二枚貝、バカ貝をむき身にしたものをいう。
千葉県、青柳(地名)がバカ貝の産地であったことからこの名がある。

◆足を「舌」、貝柱を「小柱」という。貝柱は刺身、酢の物、かき揚げにすると美味で、商品価値も高いことから「親まさり」とも呼ばれる。

(参考図書:河野友美編『食品大事典』同朋社出版『日本料理由来事典』ほか)

<濃厚なうまさ、ひめ貝>

到来物のひめ貝。「あおやぎの干物」との説明書きが添えてある。

足(舌)は長〜く引き伸ばされていて鮮やかな朱色が美しく、海中での呼び名「バカ貝」の汚名を覆すかのような出で立ち。

軽く炙ると磯の香りがふわっと、口に入れると旨さがジンワリと広がってくる。
噛みしめながら舌の上で暫く遊ばせたくもなる。
喉を通り過ぎても、旨さの余韻はまだまだ。
酒にちょっと浸してみると、ますます深みにはまる。

あぁ、お正月!

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。