ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

ごぼうをせん切り(または笹がき)にしてゴマ油で炒め、しょう油、みりん、酒で調味し、唐辛子の辛味を効かせた炒め煮。単に金平ともいう。
江戸時代に人気のあった『金平浄瑠璃(キンピラジョウルリ)』の主人公の名、金平(キンピラ)にちなんだ料理名。
金平(キンピラ)は、幼名を足柄山の金太郎で知られる坂田金時の架空の子として浄瑠璃に登場した、世にもまれな怪力の持ち主であった。当時は丈夫で精がつきそうなものには金平の名をつけることが流行し、ピリリと辛いこの料理にも「金平ごぼう」の名がつけられた。
◆笹がきにしたごぼうの様子が、金平のざんばらな髪に似ているからという説もある。
.
<笹がき・・・イヤ、せん切り?>
「金平ごぼう」のごぼうの切り方は関西では笹がき、関東ではせん切りにすることが多いが、この切り方をめぐって互いに主張している男性二人に出会ったことがある。それも、満員電車の中で。
笹がき派は「しなやかに仕上がるごぼう」を讃美し、せん切り派は「ごぼう自体の歯ごたえと旨さ」を強調して「できればマッチ棒ぐらいの太さに」と、一歩も譲らない。
こんな話題が聞けるのは、金平ごぼうが家庭の味として定着している証拠なんだ!
それにしても、この二人の出身地はどこだったんだろう。耳をそばだてていたのに、とうとう話しはそこまでには及ばなかった。残念!


コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。