ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

蛸の卵のこと。
蛸は海藻や蛸壺に粟粒ほどの小さな卵を連ねるように産みつけるが、連なっている様子が藤の花のように見えることからこの名がある。兵庫県、明石地方の名物で、カイトウカ、マコともいう。
素干しや塩水漬けとして市場に出回っている。

<買った!そして、食べた!>
京都の錦市場にある珍味店「喜久屋」でびん入りの海藤花を買った。濃いめの塩水に浸った卵は淡く黄みがかった白色で、箸でつまんで引き上げると5センチぐらいの連なりがたれ下がってついてきた。ちょうど海ぶどうを小型にしたような・・・。
これを水に浸して塩出しをし、吸い物や酢のものに使ってみた。
これぞ、という特別な味はないのに、シャリシャリとした歯応えが冴えていている。
それにしても、希少価値という価値はうまさの物差しから外れるらしい。
「希少」と聞いただけで、ありがた~い気持ちになるのが フ・シ・ギ。


関連記事(「たこ」に関係する記事)

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。