ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

見せかけだけで内容の伴わないこと。人の目をまぎらわすこと。
江戸時代の名物菓子「胡麻胴乱(ゴマドウラン)」の別名である「胡麻菓子」の名に由来する。
胡麻胴乱とは小麦粉生地にゴマを混ぜた焼き菓子で、ふっくらしているのに中には何も入っていない。このことから、見せかけだけで中身が伴わないことを「ごまかし」と言うようになった。
(胴乱とは薬や印、たばこなどを入れる方形をした携帯用の袋のこと)
佐賀の「逸口香(いっこっこう)」、長崎の「一口香(いっこうこう)」と呼ぶ中が空っぽの菓子は胡麻菓子である。
◆別説では、ゴマは味や香りがよいので加えることによって料理が一段とよくなる。
「ごまかす」は味の程度をよくする意味に使われていたものが「見せかけのものや人の目をまぎらわす」などに変わっていった。
.
<中が空洞・・・と言えば>
ベトナムのレストランでのこと。
テーブルに丸いランプシェードのようなものがサービスされて出てきた。
マスクメロンを大きくしたような、薄茶色の皮の表面には雲竜模様が見え隠れしており、横から見ても上から見てもまん丸。どう見ても中は空っぽで、軽いように見えるけれど風船ほどではないような...。
揚げた香りも漂う。これをどうやって食べるの?と友人たちは口々に。
そんな客の声には目もくれず、サービス嬢は丸みにそってキッチンばさみでジョキジョキ。やっぱり、皮は薄くて中は空っぽ。10センチ角ぐらいの一枚を手の平にのせ、そのくぼみに鶏肉の炒め物を詰めて手渡された。固唾をのんで手先の動きを追っていた一堂は顔を見合わせてあっけない結末にア〜〜。
不思議がっている私たちを見かねてか、「どうぞ」と厨房へ手招きされた。作り方を見学させてくれるというのだ。
プラスチック製のたらいには油に浸した生餅のかたまりがあった。そのうちの10センチぐらいを中華ヘラでちぎりとると、別に用意した中華鍋に移して火をつけた。こちらにも油がたっぷり。はじめはウンともスンとも言わない餅が、油の温度が上がっていくうちに気泡の音がブツブツ。2本の中華ヘラで上下左右に転がしながらゆっくり、ゆっくり、ていねいに泳がせていく。弱火のまま、この間約15分。すると餅は不思議なほどに膨らんでいく。はじめは歪んでいたのに、だんだん丸ーくなっていく。色も白から除々に薄茶色へ。
ヘェ~!元は餅だったのだ、魔法のような展開に唖然!
ふと、後ろを振りむくとクッキングボーイが黙々と何かを刻んでいた。
それがヘビだと知ったとたんに一堂あとずさり!

関連記事(「ごま」に関係する記事)

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。