ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

糖衣でくるんだキャンディー。中には果汁、ウィスキー、ブランディーなどが入っている。「ボンボン」とはワンワン、ニャンニャンと同じような幼児語で、たいていの場合は「かわいい」という意味合いをもつ。
◆紀元前177年、古代ローマの貴族ファビウス家で、赤ちゃん誕生のお祝いに町中の人に配られた「ドゥルチア(dulcia)」が発祥とされる。当時はアーモンドに糖衣をかけたもので、現在のフランスのドラジェ(dragée)にあたる。今ではパスティーユと呼ばれるキャラメル状の飴類、糖衣をかむとお酒が出てくるリキュールボンボン(日本で流行したウィスキーボンボン)などもある。
◆フランス美食辞典『ラルース・ガストロノミーク』には「アンリ四世(1553~1610年)は、ボンボンを常にポケットに忍ばせて、ことあるごとに貴婦人たちに捧げた」と記されている。
当時は宮廷の貴族や貴婦人の間で流行し、ボンボンのための専用の容器「ボンボニェール」というのもあるくらい貴重な糖菓であった。
.
<ボンボンと金平糖>
金平糖といえば、ポルトガルから入ってきた南蛮菓子のひとつで、当時は珍しくて貴重なものだった。とはいえ、その後の定位置はやっぱり駄菓子屋さんの店先だった。
その金平糖が京都、緑壽庵でボンボンのための専用容れ物、ボンボニェールに納められて飾られていた。緑壽庵は手作り金平糖の専門店で、日本で古来より皇室でのお祝の引き出物として献上しているお店。狭い店内でひときわ輝いている色とりどりの金平糖を見ていると、素材のちがいこそあれ甘くて可愛らしい様はボンボンと重なって見えてくる。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。