ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

バニラアイスクリームに桃とイチゴソースを添えたデザート菓子。
「メルバ」とはオーストラリアのソプラノ歌手、ネリー・メルバ(1861〜1931年)のことで、メルバのためにエスコフィエが考案した菓子が「ピーチメルバ」である。
メルバはワグナーの歌劇「ローエングリーン」のロンドン公演で主演のエルザに扮して観客を熱狂させたが、当時、ロンドンのサヴォイホテル料理長であったエスコフィエもその中の一人であった。
エスコフィエは歌劇の名場面「白鳥にひかれて小舟で渡ってくる騎士、アリアに捧げる場面」をデザート菓子で表現した。
白鳥を氷菓子で作り、広げた翼の間にバニラアイスクリームをおき、その上に桃をのせて上から糸飴を飾るという豪華版であった。
このデザート菓子は公演の祝賀会が行われたサヴォイホテルでのパーティーで供され、集まった人たちの間で評判になった。
その後、エスコフィエは一般の人になじみやすいように白鳥の氷をやめ、アイスクリームと桃にイチゴソースをかけるだけの簡単なものに変えていった。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。