ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

主として調理を行う場所。

宮中では食物を盛った器をのせる台のことを台盤(ダイバン)、台盤を置く場所を台盤所といい、食事を作る場所としても使われていた。

これが略されて「台所」となり、だいどこ、炊事場、お勝手、ひろしき、厨(クリヤ)、厨房などの名で呼ばれていた。


◆台盤(ダイバン)は御台(ミダイ)とも呼び、これをとりしきる将軍や、大名の夫人を御台、御台盤所(ミダイバンドコロ)、御台所(ミダイドコロ)と呼び、女房詞で飯のことを御台と呼んだ。


江戸時代には台所奉行、台所衆と台所の名を冠する役職が設けられていた。さらに、台所の主役である米粒や飯粒は「オダイブツ」、白飯は「オダイ」などと言った。

◆「台所を預かる」「台所は火の車」という言葉は台所が家計の中心にあったことを表している。

(参考図書:同朋社『日本料理由来事典』、山口昌伴著『台所の一万年』ほか)

<そういえば・・・>

台所と聞けば、かつては土間やかまども据えられていた古めかしい場所であった。

草もちのために摘んできたよもぎ、土のついた大根やゴボウ、里芋などは一旦土間を経て流しに運ばれた。
干し柿のための皮むきや魚売りのおばさんから届いたいわしの手開きも、新聞紙を敷いた土間の上だった。
今では下処理済みの食品を買ってきてそのまま冷蔵庫に収めるというのも珍しくはないし、レンジでチーンの食品も巾をきかせている。

そして冷蔵庫は家族の誰でもが手軽に開閉できるようにと、台所の隅からダイニングルーム側へと躍り出た。

台所のスペースが縮小していくにつれ、魚は切り身や骨なしが常識になり、畑で育つ野菜と食べている素材がつながらない子どもたちも多くなっているのではないか?

これじゃあ、いかん!と叫んでみても、

私の台所仕事だって便利、簡単な方へと向かって進んでいる。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。