ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

飯の菜、副菜のこと。
何種類かの副菜を数とり合わせることから「かず」といい、それに接頭語の「お」がついて「おかず」となった。平安時代には副菜の数が多い方がご馳走だったことから、副菜のことを「かずもの」といい、それに「お」がついて「おかず」となった。今日でも日本人にとってのご馳走感は量より品数に重きがおかれ、少量でも品数の多い方が好まれる。
また、糧(カテ)という語が変化したもだという説もある。
◆「おかず」という言葉はもともと、女房詞(宮中に仕えていた女官たちが使っていた言葉)であったが、これが一般庶民に広がった。
(参考図書:同朋社『日本料理由来事典』ジャパンアート社編『世界の食 語源由来 小辞典』ほか)

<品数がものをいう>

豪華な料理やおもてなし料理を目にすると、「うわ~、美味しそう!」。
でも、「うわ~、ごちそう!」と感じるのは、並んだ料理の品数がものをいう。
たとえ、小鉢にちょこんと盛られていても皿数を取り揃えてあれば、目は素早く"一品"に数えてしまい、それが季節に合った器に美しく、あるいは、しっとりと盛られていると"ごちそう"と感じる。

そうか、お数は多い方が今も昔もごちそうなんだ、やっぱり!

でも、そんな人の気持ちを汲んで?品数だけは取り揃えている、という宿の食事もあるけれど・・・。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。