ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

ウコギ科の山菜。若芽を食用とする。
「五加」は漢名で、これを「ウコ」と読むのは唐音(中国の宋代から清代に使われていた発音)に基づく漢字音による。それに「木」の日本読みが合わさってウコギとなった。
米沢藩(山形県)では上杉鷹山(ヨウザン)(1751~1822年)が凶作時に備えて各戸にウコギの生垣を作らせ、若芽を採って食用として利用することをすすめた。それほど野菜としての価値が高かった。
◆『料理物語』(1643年)にも葉を茹でて浸し物や、汁の実、ウコギ飯、餅についたり茶の代用にもする、と記されている。
◆ウコギの根の皮を乾燥させた五加皮(ウーカーピー)は漢方では滋養強壮剤に用いられる。
.
<ほろほろ>
棘をよけながら芽を出したばかりのウコギをつんだ。歯先で噛んでみると青臭くて苦味がある。茹でてみると濃いみどり色は鮮やかさを増し青臭さは和らいだものの、相変わらずちょっと臭い。でもこれに大根の味噌漬けとクルミのみじん切りを加えて和えると、ウコギの臭いは「よい香り」へとひとまたぎ。
これを東北では「ウコギのほろほろ」といって温かいご飯にのせて食べるという。
「熱い湯気から立ちのぼる香りが鼻をぬける瞬間がいいのよ〜。」と語尾をあげて話してくれた山形出身のHさんに勧められて作った一品。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。