ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

ウコギ科の山菜。
茎が四方に広がって長く伸びているので、少しの風でもユラユラと動く。
この「動く」が転じてウドになった。動くことを「ウドウド」と呼ぶ俗語もある。そして文字は「独活」が当てられている。
また、「埋所」、「埋む」から転じたともいわれる。
◆山野に自生するのは「山ウド」、これに対し栽培されているのは単に「ウド」と呼ばれる。
◆ウドの大木
うどは若いうちに食べるとおいしいが、大きくなると硬くなって食べられないし、用材にもならない。つまり、大きいばかりで何の役にも立たない、という意味。
.
<山菜の王妃>
芽が出たばかりのウドは香りがよく、まさに山菜の王妃。
土から顔を出したばかりの、まだ葉先が青くなりきっていない若芽を掘り起こして採ったことがある。これぞ「早春の味」と勢い込んでガブリと口に入れたら・・・まあ、何とエグイ、強烈な味が口中いっぱいに広がり、おまけに触った手もあぶら分でベタベタ。ウドの毒気に当てられた経験がある。若すぎたのである。何ごとも、「過ぎたるは猶(ナオ)及ばざるが如し」。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。