ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

マタタビ科、蔓性低木。実を食用にする。
マタタビの花蕾にマタタビバエが産卵すると、球形で凹凸のある異様な形の虫癭(チュウエイ、虫こぶ)ができる。アイヌがこの虫癭をマタ(冬)タムブ(亀の甲)と呼んだことからこの名がある。
◆昔、疲れた旅人がマタタビを食べたところ、元気が出て"また旅"を続けることができた、という俗説からこの名がある。
◆マタタビの古名はワタタビ(和多多比)で、本草和名に「和多多比」、和名抄には「和太太比」とある。

<猫にマタタビ>
夏が近づくと谷川の斜面などにマタタビの葉っぱが一段と目についてくる。
白や薄いピンク色をしているので、遠くから眺めると花のように見えてしまうからだ。
マタタビの実はこの葉っぱの陰に隠れている。神経痛、腰痛、リューマチに効くといわれ果実酒にして利用されるが、昆虫が寄生して膨らんだ凹凸のある実の方が効果があるという。また、若い実は塩漬けにして懐石の箸洗いや八寸、酒の肴、焼きもののあしらいにも利用される。
このマタタビをネコの目の前にちらつかせる・・・。と、まあ、たいへん!
クニャクニャと体をくねらせて酒によったみたい。マタタビの実の成分「マタタビラクトン」によるもので同じ猫科のライオンや虎に与えても同じようになると聞くが、こちらは試しようがない。


コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。