ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

酒を飲むときに添えられる料理や食品のこと。
平安時代には飲食物に添える料理を「な」と呼んだ。
酒に添えるものは「酒のな」でこれが省略されて「酒な」となり、「肴」の文字が当てられるようになった。
一方、主食に添える「な」は「菜」が当てられて「総菜」に変化した。
現在では菜といえば野菜を意味するが、これは野菜が副菜(添え物)として扱われることが多かったことによる。
◆時代とともに変わる肴
平安時代には醤(ヒシオ)のような塩辛いもの、鎌倉時代には萩の餅(塩味)、室町時代にはゴボウ、ダイコン、ワラビ、発酵ずしなどが用いられた。
安土桃山時代には餅、ちまき、ぜんざいなどの甘いものが、江戸時代は魚介類が中心になった。
また、目下の者が目上の者に感謝の意味で歌や踊りを披露するのも肴と呼ばれ、食べ物とは限らなかった。
.
<引出物も肴?>
引出物といえば今でこそ招待客への土産物をいうが、元は目上の者が目下の者に与える衣類、装飾品、武器なども引き出物に用いられ、これも肴の一つとされた。
(平安時代、祝宴や饗宴の終わりに、その頃珍しかった馬を引き出してお客を送るのが通例であったことから引出物と呼ばれた。)

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。