ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

ゼンマイ科、山菜。
春先の若芽は毛をかぶったままくるくると巻いている。
この渦を巻いている様子がお金(銭)に見えることから「銭巻き」と呼ばれ、訛ってゼンマイとなった。
また、『和訓栞(ワクンノシオリ)』(谷川士清、タニガワコトスガ著)によると、銭がクルクル回転しているように見えるので、「銭舞」が語源だとしている。
◆大部分は乾燥したものを戻してから調理するが、採れたての生を煮て食べることもある。
.
<手間ひまかけた、たまもの>
コゴミのようにさっと茹でただけでも美味しく食べられる山菜もあるが、ゼンマイは茹でて干すまでの手間、さらに調理する前に湯で戻すという作業が加わる。
そんな面倒なことはイヤという消費者の声に応えてか、干しゼンマイは店頭の片隅に押しやられ、代わりにすぐにでも調理に取りかかれる水煮が幅をきかせている。
それだけに、黒々とした紫色の干しゼンマイを見つけるとついつい足を止めてしまう。太くて昔流行ったカーリーヘアのように絡まっていると、ここに行き着くまでの手間ひまが垣間見えてその根気強さには脱帽してしまう。
それにしても、昔の人は繊維を撚りながら干すと、ここまで美味しく食べられるということをどうして知ったのだろうか?
そんな謎解きを楽しみながらついつい財布の紐をゆるめてしまう。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。