ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

ナスのヘタのこと。
もともとは、仏さまの座っている蓮の花の形の台座のこと。
そこから花の蕚や茄子のヘタのこともさすようになった。
.
<ナスのウテナも使いよう・・・>
ナスのウテナは切り捨ててしまうことも多いが、この頃では注目されている。
紫色の部分にはアントシアニンが多く含まれているので捨ててしまうのには「もったいない」という発想からだろうか。ちょうどかつての大根葉や大根、人参、などの皮と同じように・・・。
ナスのウテナにはトゲがあるが油で揚げると気にならず、これを煮びたしにするとおいしく食べられる。そういえば、長芋の皮も揚げて塩をひと振りすると酒の肴にぴったり。えっ!手間がかかる、ですって?
「それを言っちゃあ、おしまいよ!」

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。