ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

アカザ科の野草。
若芽の部分が鮮やかな赤色であることからアカザの名がある。学名のセントロルブルムは「中心が赤い」という意味。
また、アカアサ(赤麻)から名づけられたとか、アカナ(赤菜)、アカアザ(赤痣)からの派生語であるともいわれる。
.
<杖に・・・もなる?>
夏にあれほど隆盛を誇っていた雑草たちも秋になるとアレヨアレヨと枯れていく。下草は地面にひれ伏し、荒地には未練がましく枯葉をつけたままのウド。それに比べ潔よいほどにすっきりと茎だけ残して立つアカザ。軽くて丈夫な杖になると聞いたので早速一本をとってみた。なるほど、なるほど、見かけよりずっと軽い、そして丈夫。感心しながら今度は杖にして歩いてみた。少し力んでみたらポキッ。アレ~!やはり杖にするには細すぎたのかな。
◆春の新芽のころに葉先をちぎって茹で、お浸しや和え物にする。アクもなく淡白な味は何にでも合うが、残念ながら若芽の赤い色は茹でるとあせていく。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。