ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

七種の野菜(大根、茄子、蕪、うり、しそ、蓮根、なた豆など)を漬けたことから七福神に因んで名づけられた。
漬物を考案したのは明治初期に東京、上野にあった「酒悦」の野田清右衛門で、醤油を使って今までにない漬物を開発した(それまでは塩漬けであった)。
名づけ親は当時の流行作家「梅亭金鵞」で、店の近くの不忍池に七福神の一つである弁天様を祀っていることから考えついたという。
また、「福神漬は大変おいしいので他のおかずがいらず、知らず知らずの内にお金がたまる縁起のよい漬物」という意味で名づけられた、という説もある。

(参考図書:平野雅章著、たべもの語源考。河野友美編、食品大事典ほか)

<カレーと共に>

日本各地に漬物の類は山とある。

「〇〇漬け」といった食材名がついた単純明快なものから、
地名がついた奈良漬や守口漬け、人名では沢庵漬け、形では千枚漬けや市松漬け、調味料では糠漬けや味噌漬け、色では紅梅漬けやさくら漬け、食感ではぱりぱり漬けやはりはり漬け、器具名ではなた漬けや壺漬けなど。

そして、この福神漬のように豪華さと縁起を独り占めにしたような名前もある。
「食べればすぐに福がやってくる」などと誰も?本気に思ってないのに、なぜか庶民に寄り添っている食べ物のひとつ。

それも、カレーのおかげでしょう。
いや、カレーが福神漬けのおかげかも知れません。
イヤイヤ、もちつもたれつ...でしょうかね。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。