ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

塩引き鮭の頭、節分の残り豆、おろした大根と人参を酒粕でじっくりと煮込んだもの。栃木県郷土料理。
しもづかれ、しみつかれ、しみづかれ、すみづかれ、すみつかれ、など県内でも地域によって呼び名はいろいろである。
語源には、
栃木県を下野(シモツケ)と呼んでいた名残り、すむつかり(酢をかけて食べたから、あるいは食べる時にその酢がムッと鼻にくるから)説などがある。
一方、『日本の行事料理』(タイムライフ社刊)によれば、『宇治拾遺物語』には、「大豆をいって酢をかけたものを呼んでいることが、すでに見えている。」とあり、さらに「当時は近畿地方でも作られていた。」と続けている。
◆二月の初午の日にお稲荷さまに藁づとに入れたしもつかれを供えて豊作を願う慣わしがある。また、昔から橋を渡らず三軒(七軒ともいう)の家でしもつかれを食べると中気にならないと言われており、自分の家だけではなく隣近所とわけあって食べ比べる風習がある。 
.
<しもつかれ、といえば・・・>
鬼おろし。またの名をガリガリおろし。
栃木県、益子育ちのSさんが絶賛する鬼おろしは、しもつかれのためにあるような道具。大根や人参をおろすのには、これじゃあないとダメだと言い切る。味がしみこまないんだよ、と。
ヘェ〜、そうなんだ。私はこの道具を見るたびに、鬼が歯をむいて笑っているように見えてならないんだけど...。

作りたてよりも一晩おいた方が味がこなれて美味しいんだと言いながら、
Sさんは昨日作ったしもつかれをテーブルの上に広げた。
開けたとたんにハッとする酸っぱい+複雑な臭いが鼻を突き抜け、ムムッ...。
それを察してか「とっつきにくいけど、食べ始めるとやみつきになるんだよ。これがオラガふるさとの味!」と、ひとしきり郷土自慢を繰り広げる 彼のうれしそうな顔ったら...。


コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。