ログイン状態

ただいまログアウト中。ログインする
※ログインすると全データが見れます

イグチ科のきのこ。
黄褐色でビロード様の傘が山鳥の羽模様に似ていることからこの名がある。肉厚で柄は根元がどっしりと太く堂々とした風格を備えている。欧米で人気の高いきのこ(フランスのセップ、イタリアのポルチーニ、ドイツのスタインピルツ)と同じ種で、知る人ぞ知る一級品のきのこである。
◆『信州のきのこ』(信濃毎日新聞社刊)によると、「日本では発生が確認されていなかったが、1993年7月に浅間山麓の国有林で、くさびら会の柳沢志牧氏により採集された。もともと国内にあったかもしれないが、欧州から輸入されたドイツトウヒの林内に発生しており、苗木か種子に付着してきた外来種の可能性も高い。」とあり、信州では以前からヤマドリタケよりもむしろ、アカヤマドリタケやヤマドリタケモドキが食べられていた。
ご用心!ご多分にもれず「ドクヤマドリタケ」という類似種があることも知っておきたい。
.
<ほっと一息>
ヤマドリタケの近縁種、表面にひびわれ模様があるアカヤマドリタケをクリームで煮てみた。「紅葉煮」と呼びたいくらいにクリームがほんのりと黄褐色にそまり、ホンに相性がよい組み合わせだな〜と感心してしまう。
食べ終わった後の器に残ったソース...、というよりも、わざと残して上からごはんを加えて混ぜ合わせる。お皿に余すことなくキッチリ胃袋におさめる。うまい◯。
さらに、すだちをかけまわしてパラパラとアサツキなどをふる。これはモウ、絶品◎

コメント(1)

px3 :

こんな記事もありました。
楽しいですし勉強になります。
書込みできますでしょうか。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。